大阪の整体サロンいじんが、首こり肩こりでそこそこと思う筋肉は。

2019/10/28
首こり、肩こり

大阪の整体いじんです

 

 

 

首こりや肩こりでこってると思われる筋肉の代表が僧帽筋と胸鎖乳突筋です。

 

確かに首こりや肩こりがある時、この胸鎖乳突筋に問題があることがほとんどです。

 

この筋肉を揉んで緩めて欲しいと思う人も多く、触らないで欲しいと思う人でも固くなっていることからもわかります。

 

 

この胸鎖乳突筋の異常は首こりや肩こりだけではなく、他の色々な問題の原因になります。

 

だから胸鎖乳突筋を緩めることは問題の解決になることが多いのです。

 

しかし厄介なことに、この筋肉は簡単には緩んでくれません。

 

緩んだとしても、またすぐに固くなります。

 

 

このことから、姿勢の悪さが胸鎖乳突筋を緊張させていると考えられることが多いのです。

 

しかし、反対で胸鎖乳突筋が固くなっているから姿勢が悪くなるのです。

 

 

この胸鎖乳突筋が固くなると鎖骨の動きが悪くなります。

 

鎖骨が動くの?なんて思うかもしれません。

 

鎖骨の動きが制限されると色々なところの動きに影響します。

 

 

その一つが肩、腕の動きです。

 

四十肩や五十肩になった時、動かした時の痛みがどうしても取れきれない時があります。

 

そして肩や腕の動きが小さくなります。

 

鎖骨の動きが悪くなっているからです。

 

その原因が胸鎖乳突筋の固さです。

 

 

だから胸鎖乳突筋を緩めなくてはいけません。

 

ではどうやって緩めるのか?

 

もうおわかりですよね?

 

 

私はそのお手伝いをしています。

 

そして筋肉に弾力が戻り、しっかりと筋肉が働くようになるお手伝いもしています。

 

あなたが肩に問題があるなら是非ご相談ください。

 

 

 

大阪の整体いじんでした