大阪の整体サロンいじんが、ぎっくり腰になったけどフラフープが。

2019/07/03
フラフープ

 

大阪の整体サロンいじんです

 

 

 

最近、恥ずかしながらぎっくり腰になりました。

 

洗面所で歯を磨いていた時です。

 

かがんでいた時に咳こんだ時、腰にギクッと痛みが走りました。

 

「やばいっ!」と思ったのですが時すでに遅しです。

 

 

腰の骨、腰椎の4、5番あたりで骨が動くような感じがしました。

 

私のぎっくり腰は痛みと一緒にいつもそこが動くような感じがします。

 

 

しかし、今回のぎっくり腰はいつもと少し違いました。

 

確かに激しい痛みがあったのですが、いつもより動けます。

 

奥の方に痛みはあるのですが、動きはスムーズになりました。

 

 

立ったり、座ったりする時にいつもはズキッとする鋭い痛みがあるのですが、それもほとんどありません。

 

ただ奥の方に痛みがあるだけです。

 

 

立ってみました。

 

重心が、前に書いた理想的な位置の近くにあります。

 

フラフープもやってみました。

 

その動きでは腰は痛くなく、できなかったフラフープができました。

 

これは私の腰にカーブ(腰椎の前弯)が少し出来たということです。

 

 

よく腰痛の原因は腰椎の4、5番が動かないからと言われます。

 

しかし私は自分のぎっくり腰を考えてみた時、そうは思えませんでした。

 

それよりも、何かの原因で動きすぎるからまたは動けないからだと考えていました。

 

 

だから私は自分のその原因を開所するように調節してきました。

 

そしてぎっくり腰になる回数はかなり減っていました。

 

そして今回、咳こんだ時の腹圧で腰椎の4、5番に前弯ができたのです。

 

 

しかし、間違っても無理に前弯を作ろうと考えてはいけません。

 

前弯ができやすいような環境を整えてあげることが大切です。

 

そして自然な前弯ができると重心が理想的な位置に近づきます。

 

そのためには全身の骨を柔らかくするのです。

 

 

 

大阪の整体サロンいじんでした