大阪の整体サロンいじんが、良い姿勢と重心。

2019/06/20
姿勢と重心

大阪の整体サロンいじんです

 

 

 

姿勢について。

 

ほとんどの人が良い姿勢の方がいいと思っているはずです。

 

また、整体や美容または健康法などいろいろな中で良い姿勢の大切さが言われています。

 

 

良い姿勢とはどんなんか?

 

よくわからなくてもなんとなくイメージはあると思います。

 

良い姿勢だと、綺麗に見えるだけで無く、理論的には体の色々な関節が決まった範囲までしっかりと動けるのです。

 

だから、スムーズに動けて、背骨にかかる体重が分散されるから、体にかかる負担が少なくなります。

 

綺麗なだけでなく、健康的なのです。

 

 

だから、整体や美容そして健康法では良い姿勢にすることが目的にされることがよくあります。

 

そしてそのために大切なのが重心です。

 

健康的で綺麗な姿勢のためにはかかと重心だと言われていることがあります。

 

 

この、かかと重心という言葉には気をつけなければいけません。

 

ネットでも本でもかかと重心は使っている人によって意味が違うのです。

 

 

ただこの場合の重心は体重がかかってるという意味だと思います。

 

姿勢が悪い人はつま先に体重がかかっていることがあります。

 

つま先の体重をかかとの方にも分散するという意味でかかと重心という言葉が使われている時はそれでいいと思います。

 

 

しかし、単純にかかとに体重をかけることがいいと言っていることについては疑問があります。

 

この時の例としてよく前と後の写真を出したりしてます。

 

後の写真には、一見姿勢が良いように見えますが、かかとに体重がかかって後ろに反ったような写真が出ていることがよくあります。

 

確かに猫背ではないし、胸は開いて大きくなっているように見えます。

 

しかし、私には不自然な良くない姿勢にしか見えない時があるのです。

 

 

つづきは次回に。

 

 

 

大阪の整体サロンいじんでした