大阪の整体サロンいじんが、運動はストレス解消になる?

2019/06/10
運動

大阪の整体サロンいじんです

 

 

 

ストレス解消に運動がいいとよく言われます。

 

確かに運動した後はスッキリします。

 

 

首こりや肩こりそして自律神経の不調はストレスからくる脳疲労が原因です。

 

スッキリするので、運動は効果があるように思われるかもしれません。

 

 

しかし運動すると必ず体は疲れます。

 

運動している時は体内で必ず発熱するので、放熱が必要になります。

 

放熱するということは間脳、特に視床下部がフル活動しています。

 

当然、視床下部は疲労します。

 

運動は脳疲労を癒すどころか、脳をもっと疲れさせます。

 

 

では何故運動をすればスッキリするのでしょうか?

 

それは運動することで脳内モルヒネが出て、脳が気持ちよく感じるからです。

 

 

運動をした後、スッキリしたからといって一層活動的になる人がいます。

 

それは脳をいじめていることになります。

 

 

では運動は良くないのでしょうか?

 

脳の疲労を取るためには眠ることが一番です。

 

しかし脳だけがひどく疲労している場合、眠れないことがあります。

 

 

運動をして体を動かすと脳だけでなく体も疲労します。

 

脳と体の両方が疲労した状態になります。

 

脳と体のバランスが取れ、うまく眠れるようになることがあるのです。

 

運動をした後、しっかりと眠ることができれば運動は脳や体にとっていいものになります。

 

 

ただし、脳が疲れきっている時は注意が必要です。

 

良かれと思って、無理して運動をするともっと脳に疲れがたまり、調子が悪くなることがあるからです。

 

 

今、良いと言われたもの紹介されたものについて、一生懸命にやりすぎる傾向があります。

 

悪い面に関してはあまり言われないからです。

 

運動もやりすぎたり、その後の休息をしっかりと取らないと体にとって良くありません。

 

 

どんなこともあなたの体としっかりと対話しながら行うことが大切です。

 

 

 

大阪の整体サロンいじんでした