大阪の整体サロンいじんが、体幹を鍛えるより、体幹の柔軟性を!

2019/01/29
体幹

大阪の整体サロンいじんです

 

 

 

よく体幹やコアを鍛えることが大切だと言われます。

 

そのため体幹を鍛えるトレーニングなどがよく紹介されています。

 

 

普段運動をしている方は別として、運動をしていない方は体幹やコアを鍛える前にすることがあります。

 

それは体幹の柔軟性を手に入れることです。

 

 

体幹の柔軟性というのは肋骨や背骨、腰回りの柔軟性です。

 

それらがが柔らかく動かないと、動きにひずみができます。

 

 

ひずみがある状態で体を動かすともっとひずみがひどくなります。

 

ひずみがひどくなると怪我や痛みの原因になります。

 

 

あなたが40歳を超えていて普段運動をしていないなら、急に運動をしないようにしてください。

 

もし運動をするなら体を慣らすように少しずつしてください。

 

 

ただ、この体幹の柔軟性はストレッチで緩める事ではありません。

 

ストレッチは筋肉を伸ばして緩めるだけです。

 

 

運動前にはストレッチと考える方がおられます。

 

しかしストレッチの後は筋肉は力を発揮できなくなっています。

 

筋肉が働かないということはパフォーマンスが落ちたり、怪我をしたりします。

 

 

ここでいう柔軟性とは筋肉が緩んでるという事ではなく、弾力があってしっかりと力を発揮できるような状態です。

 

全ての筋肉がしっかりと働いている状態です。

 

 

あなたの体が時々痛くなるなら、肋骨や背骨が固くなっているかもしれません。

 

そして、もしあなたが40歳を超えているのなら、その可能性もっと高くなります。

 

そんな時は体を動かす前に体幹やコアの柔軟性を手に入れましょう。

 

 

私の施術はまずそのお手伝いから始まります。

 

思い当たるのであれば、こちらからご相談ください

 

もしくは、LINEで友達登録をしてください。

友だち追加

 

 

 

大阪の整体サロンいじんでした