大阪の整体サロンいじんが、美しい背中のために!

2018/12/21
背中

大阪の整体サロンいじんです

 

 

 

背中がこるという人がたくさんおられます。

 

背中がこるほとんどの人が肩甲骨の内側のことを言います

 

 

肩甲骨の内側がこるから、肩甲骨が動かない、動いていないと思われがちです。

 

そして背中がこるのは、肩甲骨の動きが悪いからだと考えられることが多いのです。

 

だから肩甲骨はがしが注目されます。

 

 

確かに肩甲骨の動きをつければ、一時的に楽になります。

 

しかし、時間が経つとまた背中がこります。

 

 

肩甲骨の動きが悪くなるのは姿勢が悪いからと思われます。

 

猫背になると肩甲骨が前に流れて、肩甲骨の動きが悪くなると考えられるからです。

 

 

しかし、問題なのはこるという感覚です。

 

この背中がこると感じる神経は首から出ています。

 

この部分の神経が圧迫されているからこると感じるのです。

 

 

そして肩甲骨を留める筋肉を動かす神経も首から出ています。

 

この神経が圧迫されているから肩甲骨が前に流れるのです。

 

 

だから、背中がこる人は首に問題があります。

 

首の問題の原因はいろいろあります。

 

そしてそれは人によって違います。

 

 

だから肩や背中を揉んだり、肩甲骨を動かして楽になる人と、楽にならない人が出てくるのです。

 

楽にならない人は、首の問題が解消されていないのです。

 

 

それに気がつかない間は、揉んでもらったり、ストレッチをしたり、肩甲骨を動かしたりします。

 

そして一時的に楽になることで、我慢します。

 

 

肩甲骨を動かすことは良いのですが、その前に本当の原因を見つけ、解消しましょう。

 

そしてそれは綺麗な背中を作ることに非常に大切なことなのです。

 

 

大阪の整体サロンいじんでした