大阪の整体サロンいじんが、体のだるさは脳の疲れ。

2018/10/30
だるい

大阪の整体サロンいじんです

 

 

自律神経の不調は脳の疲れから起こります。

だから早いうちに脳の疲れに気がつけば、自律神経の不調も早いうちに対処できます。

 

体を使っていないのに体に疲れを感じる時、脳が疲れています。

こんな程度で疲れるはずがないと思いながら、ほとんどの方は、頑張ってしまいます。

 

何か楽しいこと、飲酒やスポーツなどをして忘れてしまいます。

だから、無理をします。

でも脳は疲れたままです。

 

そして肩のこりや首のこりを感じるようになります。

 

体に疲れを感じるということは、体に力が入っていないということです。

体に力が入らないということは、体を支えてる筋肉が働いていません。

 

直ぐに座りたくなります。

そして立っていても、座っていても、体を支える筋肉がしっかり働きません。

だから姿勢が悪くなります。

 

これが、肩や首のこりの原因は姿勢が悪いからだと思われている理由です。

 

力が入らず、姿勢が悪いため、腰も不安定になります。

これが腰痛の原因になります。

 

何もしていないのに他に痛くなる所はありませんか?

体に力が入らない時、関節もしっかりと動きません。

そんな関節で日常動作を続けていると痛くなります。

 

日常生活での原因のわからない痛みは、脳の疲れが原因であることがあるのです。

 

筋肉を揉んだり、ストレッチをしても、脳が疲れていると筋肉はしっかり働いていません。

だからまた痛くなります。

 

その痛みが続き、自律神経の不調も重なると、その痛みは脳に記憶されます。

すると、いよいよ痛みが取れなくなります。

 

そうなる前に、脳の疲れは取っておきましょう。

そのためには、疲れを感じたら直ぐに寝ることです。

 

ストレス解消などは考えずにただ眠ることです。

 

ひとりで対処しにくいのであれば、私にお見せください。

一緒に頑張りましょう。

 

 

大阪の整体サロンいじんでした