大阪の福島区にある整体サロンいじんがやってみた!

2018/07/28
寝苦しい

大阪の福島区にある整体サロンいじんです。

 

 

人はなぜ眠るのか?

 

それは脳を休ませるためです。

 

特に視床下部付近を休ませるためです。

 

 

 

最近、テレビでもよく脳の疲労を取り上げられています。

 

そしてその脳の疲労を取るために、暑い夏の夜はエアコンつけっ放しで寝ることが勧められています。

 

 

私は以前からエアコンをつけっ放しで寝ていました。

 

快適に寝るためであり、脳のためではありませんでした。

 

 

今、私の施術も脳の疲労を取ることに関わっています。

 

だから、試しにエアコンをかけずに寝てみました。

 

 

大阪の梅雨明けから、およそ1ヶ月間に渡り、暑さに慣れないなか、扇風機やサーキュレーターを使い、なんとか風の流れを作り、寝ました。

 

 

その結果、結論から言いますと、眠りが浅いのです。

 

エアコンをかけないと、夜中に暑いと感じているのがわかるのです。

 

何度か、かすかですが目が覚めているのです。

 

 

脳の疲労を取るためには、眠ってから最初の2時間から3時間の間に深い睡眠に入ること大切だそうです。

 

そうなると、それでは私の脳の疲労は取りきれていません。

 

現に疲労感がなくなっていませんでした。

 

疲労感を取るためには、やはり快適な室温で眠ることが大切なようです。

 

 

反対に良いこともありました。

 

それは、朝の気温に慣れることでした。

 

エアコンをかけて寝ていた時よりも、朝の暑さが不快ではないのです。

 

脳に疲労を与えるのは温度差です。

 

その意味では、エアコンをかけないことは脳にかかる負担は少なくなるかもしれません。

 

 

これだけの暑さです。

 

どのようにしても、脳に負担はかかります。

 

だから、あなたが一番快適であると感じる方法で寝てみてください。

 

私の場合は、エアコンをつけっ放しで眠る方が良いみたいです。

 

 

大阪の福島区にある整体サロンいじんでした。